スズキ医薬品 最新情報

2015年5月7日
ニュース
AGAの悩み
2015年5月7日
ニュース
EDとは何か?
2015年5月7日
ニュース
ジェネリック医療品とは?
2015年5月1日
ニュース
花粉症について
2015年5月1日
ニュース
スズキ薬局HPリニューアル

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)と同じ成分・効果が期待できるお薬です。

ジェネリック医薬品は、日本で後発医薬品とも呼ばれています。

先発医薬品は、成分開発に向けて数十年の研究と数十億円という莫大な費用が発生しているため、販売化されている先発医薬品には20年~25年という特許期間を設けられています。

しかし、特許期間が終了すると先発医薬品の成分は国民の財産となり、別の製薬会社でも同成分の医薬品を製造、販売することが可能になるのです。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品で既に有効性や安全性が認められている成分を製造するので、医薬品の開発期間は短く、更に費用も安く抑えられます。

そのため、ジェネリック医薬品は販売価格も安く設定することができるので、先発医薬品と同じ効果でありながらも、お得に購入することができる医薬品なのです。

ジェネリック医薬品は現在、沢山の種類のものが販売されています。

その中でも有効性が高いと言われているものは、ED治療薬やAGA治療薬、さらにピルなどがあげられています。

この3つのジェネリック医薬品の中でも、有効性が高く、世界中で使用されているものをいくつかご紹介したいと思います。

ED治療薬ジェネリックのおすすめ

ED治療薬ジェネリックで有効性の高い医薬品は、「カマグラ」です。

カマグラは、ED治療薬で一番有名なバイアグラのジェネリック医薬品です。

カマグラは、バイアグラと同成分のクエン酸シルデナフィルが配合されており、ED(勃起不全)の改善に高い効果を発揮します。

クエン酸シルデナフィルは、EDの原因となるPDE-5酸素を阻害する作用があります。

このPDE-5を阻害することによって血流が良くなり、勃起が起こりやすくなります。

カマグラは、クエン酸シルデナフィルの働きにより、EDジェネリックの中でも人気が高いのだといいます。

AGA治療薬ジェネリックのおすすめ

AGA治療薬ジェネリックで有効性の高い医薬品は、「エフペシア」と「ロニタブ」です。

エフペシアは、AGA(男性型脱毛症)治療薬で有名なプロペシアのジェネリック医薬品です。

エフペシアは、プロペシアと同成分ののフィナステリドが配合されており、AGA治療に重要な役割を果たします。

フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療薬としてプロスカーの商品名で認可された成分なのですが、副作用で多くの方に脱毛の進行を抑制する効果が見られたため、AGA治療薬に転用されたのだといいます。

つまり、エフペシアやプロペシアには男性型脱毛症の進行を抑制する効果があるということです。

ロニタブは、育毛外用剤のロゲインやリアップの主成分ミノキシジルが配合されているジェネリック医薬品です。

ミノキシジルは主に、外用タイプの育毛剤に配合されていることが多いのですが、ロニタブは内服タイプのお薬になります。

ミノキシジルは、もともと高血圧患者の治療薬として開発された成分なのですが、副作用で発毛促進効果が見られたため、AGA治療薬に転用されたのだといいます。

つまり、ロニタブはAGA治療として発毛を速やかに促進する効果があるということです。

エフペシアやロニタブはそれぞれの役割が違いますが、併用することでAGA治療に絶大な効果を発揮するといわれています。

AGA治療には、フィナステリド成分とミノキシジル成分が絶対必要とされ、AGAの改善に役立つのだといいます。

ピル治療薬ジェネリックのおすすめ

ピル治療薬ジェネリックで有効性の高い医薬品は、「ジネット35」と「アイピル」です。

ジネット35は、低用量ピルダイアン35のジェネリック医薬品です。

ジネット35は、小柄なアジア人向けに開発されたお薬で、低用量ピルの中でも副作用が少ないことで有名です。

従来のピルは、副作用が強く起こり、小柄なアジア人にとっては副作用が身体へ大きな負担となり、好まれておりませんでした。

しかし、ジネット35はその副作用を軽減することを目的として研究開発されたので、安全性が高く服用しやすいのだといいます。

更に、ジネット35は避妊以外にも肌荒れや月経不順、月経痛の緩和にも役立つといいます。

ジネット35は、21日間連日服用することで、高い避妊効果期待できるお薬です。

飲み忘れがないようにきちんと服用することが大切です。

アイピルは、モーニングアフターピルノルレボのジェネリック医薬品です。

アイピルは、性交渉中の避妊失敗時に望まない妊娠を避けるための目的として開発された経口避妊薬です。

アイピルは、性交渉後72時間以内に服用することで、70%以上の避妊効果が期待できます。

しかし、確実に避妊が成功するとは限らないので、性交渉後はなるべく早く服用することが勧められています。

アイピルは、配合されているホルモン量が多いため、副作用が強く感じることがあります。

副作用を少しでも軽減されたい場合は、空腹時を避けて服用すると良いでしょう。

アイピルは、緊急時の避妊薬ですので、連日の服用は禁止されています。

もし、緊急時以外にピルを服用されたい方は、低用量ピルを服用してください。

ジェネリック医薬品は、これらの医薬品以外にも世界中で数多く販売されております。

ED治療薬、AGA治療薬、ピルのジェネリック医薬品は、まだ日本で販売されていないものが多いのが現状です。

上記にあげた医薬品もまだ日本では販売されておりませんが、海外では認可を受け、一般で販売されています。

これらの医薬品を購入したいと考えている方は、個人輸入といった形で通販で購入することが可能となっておりますので、コストを抑えたい方にはお勧めですよ。

このページの先頭へ